無駄のない活用法

家庭などに収納しきれないものを収納する目的でスペースを借りることができるのがトランクルームです。
トランクルームの多くは月額制で広さによって価格が変わってきます。
広さも様々でクローゼットくらいのサイズのものからそこに住めそうなくらいの広さのタイプまで様々で、広ければ広いほど価格は上がっていきます。

利用の際はまずはサイズを選ぶところから始まりますが、ここで適切なサイズを選ぶ必要があります。
そのためには収納予定のものがどれくらいかということと、どれくらいのスペースを必要とするかを事前に確認しておきましょう。

広いスペースを持て余してしまうようではもったいないですし、逆に半ば無理やり詰め込むような状態では収納物が痛んでしまいますし、出し入れの際に雪崩が起こってしまいます。
適正で無駄のないサイズを選ぶようにし、できるだけコンパクトに収納できるようにしておくのが賢い使い方です。

スペースを上手に使う方法として、キャスター付の収納グッズやカラーボックスなどを使うといいでしょう。
段ボールなどを使うものいいですが、出し入れの際に崩れたり水分を吸いやすい素材のためカビなどの心配もあります。

あまり出し入れをしないであろうものは、できるだけ丈夫なケースにまとめて奥の方に収納し、比較的出し入れするものは手前の方に見えやすく取り出しやすいようにしたりすると使い勝手も良くスペースも上手に利用できます。

せっかく料金を支払って借りるわけですから、スペースを有効に無駄なく活用しましょう。

オフシーズンを収納
シーズンを問わず、さまざまなスポーツを楽しんでいるという人は多く、そうした人の中にはスポーツグッズの収納に頭を悩ませているという人もいるのではないでしょうか。
身体ひとつで実行できるランニングや、あまりスペースを取ることのないラケットなどを使用して行うスポーツが趣味の場合は別ですが、大型の用具を使ったスポーツを楽しんでいる人にとって、それらは生活空間を圧迫しかねないことから、専用の収納スペースが欲しいと考えるのは当然です。

中には、アウトドアショップなどに預けているという人もいるでしょうが、その代金は意外と高いことから、手軽な収納を欲している人も多いことでしょう。
そう考えている人にお勧めなのが「トランクルーム」です。
夏のスポーツであるサーフボードやマウンテンバイクのような、大型の用具であっても半畳のスペースを借りて縦型収納すればすっぽり収まってしまいます。

それだけでなく、季節が変わった際にはスキーやスノーボード、更にはウェアやシューズまで一緒に収納しておくことができるのですから、ボードだけを預かってくれる専門店より、よほど部屋の中が片付きます。
更には、メンテナンス用品も一緒に収納してしまえるので、まさに丸ごと収納でき、使う時にもまとめて取り出すことができるのでとても便利なのです。

トランクルームには、あらかじめ棚などが備え付けられているものもあれば、ラックなどを持ち込んでカスタマイズできるスペースもあるので、所持しているスポーツグッズに適したフックなどを用意すれば、使い勝手の良い収納スペースを簡単に手に入れることができるのです。

オフシーズンになる度に、「どこへ置こう」「誰に預けよう」と考えていた人には、ワンシーズン使用してみることをお勧めします。
そうすれば、使い勝手の良さやコストパフォーマンスの良さがきっと理解できることでしょう。
オンシーズンは目いっぱい楽しみ、オフシーズンは上手に収納してしまう、これが快適に暮らすコツなのです。

Λ PAGETOP