意外なものも収納できる

飽食の時代と言われるほどもので溢れている現代では、「トランクルーム」は手軽な収納庫として高い人気を誇っていますが、ルームという響きが屋内を想像させるからか、衣類や日用品など、室内で利用するものを預けられる場所という感覚を持っている人が多いようです。

トランクルームを活用している人の中には、趣味で作った作品を預けている人もいますし、SOHOなどを営んでいる人が店の在庫を預けていることもあります。
もちろん、個人だけでなく企業がストッカーとして使っているケースもあり、まさに用途はさまざまです。
セキュリティーや空調が完備されていることから、美術品などを預けているという人もいます。

また、借りられるスペースも、畳半畳分のごく狭いスペースからそこで暮らせるのではないかというほど広いスペースまでバリエーションに富んでいて、価格も、セキュリティーや作りによって変わってきます。
自分の都合でいろいろなものを手軽に収納することができるトランクルームですが、「こんなものは預けられないだろう」と考えているようなものであっても、意外と預けられてしまうことをご存じですか。

それは、バイクや自転車などです。
住んでいる場所によっては、冬場はこうした乗り物を利用できないという人もいて、マンションの狭い玄関にムリヤリ収納したり、高い代金を払って専門の業者に預けているという人もいるのではないでしょうか。
それよりも遙かに低価格で、こうした製品も預けることができるのです。
アパートやマンションに駐輪場があり、使用できない期間はそうしたところに停めてあるという人もいるかもしれませんが、近頃は物騒なので、セキュリティーを完備したトランクルームを活用することがお勧めです。

メンテナンス後に、こうした場所へ預ければ翌年は直ぐに乗ることができますし、盗難の心配もありません。
また、メンテナンス用品も一緒に預けられることから、より自室を広く使うことができるようになることでしょう。

Λ PAGETOP