仮住まいさせておく

家の中で、「一時的に不要になるもの」というのは結構あるものです。
海外旅行用の大きなキャリーケースだけでなく、育児や介護に関わる用品は、いずれまたつかうことがあるかもしれないと考えると、不用意に捨ててしまうことはできません。
また、不要ではないものの、滅多に使用することはないことから、自宅の収納スペースに置いておくと邪魔だと感じているものもあるはずです。
思い出の詰まったアルバムなどは、決して捨ててしまえるものではありませんが、生活をしてゆくうちにものは増えてゆくことから、思い出の品に場所を取られるのは困ると考えている人も多いのではないでしょうか。

そうした家庭にお勧めなのが、「トランクルーム」をひとつ借りることです。
トランクルームは、「貸し収納庫」です。
用途や予算に合わせて部屋が選べるだけでなく、セキュリティーや空調も完備されていることから、湿度を嫌うものや大切なものであっても安心して預けることができるレンタルスペースなのです。

あらかじめ家庭内の一時的に不要なものや、季節変わりの衣装、アルバムなどの大まかな量を計算し、ウェブサイトで必要な部屋の大きさを確認しておけば、手間をかけずに借り受けることができますし、運営している企業によっては、宅配で送るだけで借りたスペースへと収納してくれるだけでなく、必要に応じて取り出し、発送をしてくれるサービスを行っているところもあります。
共働きなどでなかなか時間が取れない家庭の場合には、こうしたサービスを利用するのもひとつの手でしょう。

冠婚葬祭用の衣装や着物などは、カビや虫食いが最も気になる衣装のひとつで、ですが日本という国の気候を考えると、滅多に使用しないそれらの管理をし、最適の状態で保管することはとても手間のかかる面倒臭い作業ではないでしょうか。
また、冬には大活躍する皮のコートや毛皮なども、自分で手入れをしようと思うと大変なことから、上記の衣装を含めて、クリーニング後はそうした空調の完備された場所で保管することがお勧めです。

手軽に預けて、手軽に取り出すことができるというのもトランクルームのメリットですし、そうした便利なスペースを低価格で借りられるというのも家計的には大きなメリットのはずです。
家の中にデッドスペースがあるのは勿体ないことですし、それらをなくし快適に過ごせるようにできるのであれば、ひとつ収納庫を借りるのも悪くないのではないでしょうか。
活用次第で自遊空間を増やせるのですから、一考の価値はあるでしょう。

Λ PAGETOP