ストッカーとしての役割

近年、雑誌やメディアでも取り上げられる機会が増えてきた趣味のひとつに「コスプレ」があります。
正しくは「コスチュームプレイヤー」と言い、映画やドラマ、漫画やアニメなどのキャラクターの衣装を身につけ、そのキャラクターになりきることを楽しむ人たちを指す言葉です。
そうした人たちは好きなキャラクターの衣装を手作りするだけでなく、小物に至るまで正確に緻密に再現する技術を身につけている人も多く、それが高じて、衣装や小物を専門に作る職人になるケースもあるようです。

人気の高い趣味なことから、衣装を販売している企業もたくさんありますが、「より作品に近いもの」を求めるコスプレイヤーの中にはそうした大量販売の製品では満足できない、自分の身体に合ったものが欲しいと考える人も多く、ですが、プライベートな時間の都合がつかないことから自作を断念し、同じ趣味を持つ「職人」に注文する人も増えているのです。

注文を受ける側は自宅で作業をしていることが多いようですが、生地や小物のストックだけでなく、作品や見本の量も多いことから、収納に生活のための場所を侵食されているという人も多いようです。
作業スペースと生活に必要な場所を確保するためには、ストックや見本を保管するためのスペースを作ることが大切です。

そのために是非とも活用して欲しいのが「トランクルーム」です。
トランクルームとは、「荷物入れ」という意味で、その名の通り、必要に応じたスペースを低価格で提供してくれるレンタルルームのことなのです。
貸し出している部屋の作りはさまざまで、ウォークインクローゼットのように、衣装をかけるポールだけが用意されている部屋もあれば、棚だけが設えられている部屋もあり、用途によって選べるようになっています。
もちろん、ラックなどを自分で持ち込むことも可能です。

こうした職人にとって何よりうれしいのは、トランクルームの多くは空調完備のため、大切な衣装や小物、生地のストックなどにカビが生えてしまったり湿ってしまったりする心配がないということです。
また、とてもシンプルな作りになっていることから、出来上がった作品をサイトに上げる際の撮影所として利用が可能なことも、こうした仕事をしている人には嬉しいのではないでしょうか。
空調だけでなくセキュリティーも完備していることから、保管に最適の場所だということができるだけでなく、発送などの作業もできるお勧めのスペースでもあるのです。

Λ PAGETOP