本専用の収納を確保

引越しのたびに、本を処分しているという方はかなり多いのですが、余裕ができたときに手放した本を買い直すという方もかなり多いのが現状です。
そんな方は、本専用のトランクルームを活用してはいかがでしょうか。
預けた本を読みたいと思ったときは、1冊からでも取り出せるため、多少の待ち時間はあっても何度も手放す、再度購入するという無駄を省くことができますし、地域を問わないサービスですので利便性は高いでしょう。

本棚が一杯になったら本を買い取ってもらうという方も少なくないのですが、結局は読みたい時に経ち読みに出かけるという方が多く、子どもの漫画を勝手に整理してしまい、親子喧嘩に発展することも少なくはありません。
処分を検討する前に、トランクルームを借りて預けることを考えてみませんか。
もちろん手数料などは発生しますが、交通費をかけて中古書店まで立ち読みに行く、または結局買い戻して帰ってくるなら預ける手数料の方が安いかもしれません。

仕事の都合で転勤が多い方は、トランクルームにせめて本だけでも預けてあれば荷物の整理はかなり楽になりますね。
本の箱詰めや運びだしがかなりの重労働ですので、それがない分送料も安く済むでしょう。
最初から預けてあれば、どこにいても読みたい時に自宅まで送ってもらえるため、届くまでの時間は通販で本を注文した時と同じ感覚で待てると思います。
久しぶりの再会は、楽しい読書の時間に繋がること間違いなしです。

いつか読むかもしれない。
そう思うとなかなか手放せないのが本ですし、処分しても買い戻す可能性が大きいのも本です。
気軽に中古で買い戻せるからこそですが、初版を探そうと思うとかなりの手間がかかります。
大事な初版本を手放さずに残しておくことも考えれば、本専用のトランクルームは読書家の常識として考えてもいいのではないでしょうか。
処分せず、手元にはなくても外に大きな書庫を持つことで、大好きな読書を遠慮せずにできるようになりますね。

Λ PAGETOP